春の山行・・・

本日の定休日ですが・・・本当は今日も釣りに行きたかったのですが・・・
先週末に北海道、特に道北、道東地方は突然の寒波がやってきて、高所や道東の平野部でもなんとっ!雪が降るなんちゅ~事に・・・。
オホーツクへ向かう峠はどのルートも通行止めになってしまいました。本日は恐らく通れたのでしょうが、それでも最高気温が15度にならないそうで・・・。
なので釣りは諦めました・・・。

・・・かと言ってじっとしている訳にもいかないので、朝から病院へ定期検査に行ってた義父の帰りを待って昼頃からですが所有林へ春の山菜『タラの芽(タランボ)』を採取しに行って来ました。

自宅からは車で30分程で到着しまして、早速林道を登って行きますと・・・。

ありゃりゃぁ~・・・倒木が林道を塞いでいまして・・・。
まぁ、こんな事もあろうかとチェーンソーも持って来ていましたので除去作業を始めましたが・・・いつもどおり妻と義父は手伝ってくれることも無く、サッサと山菜採りをおっぱじめました。
半年振りのチェーンソー始動で、メンテもサボっていたのでエンジンがかかるまでに100回くらいはスターターを引っ張りまして・・・切った木も一人で林道脇に放り込み、僕だけ早々にテンションダウンです。(泣

他にも何箇所か倒木があって一人だけ汗だくになり作業をやっとの事で終え、妻と義父に合流した時には・・・。

妻は涼しい顔をして戦利品であるタラの芽を見せてくれました。
オマエモヤレヨ・・・・

さて・・・僕は山菜は苦手なものと好きなものとある訳で・・・って言うか、僕自身かなりの偏食家なので『トマトは嫌いだけどトマトジュースは好き』的なおかしな味覚をしてまして・・・。
そんな僕ですが、このタラの芽は山菜の中でも好きな山菜のトップ3には入ろうかというモノ・・・。
3年くらい前に始めて恐る恐る食べてみて『あらっ!美味しい~~っ♪』となった食べ物です。大好きになったついでに我が家の所有林に大量に自生しているのですからそりゃもう毎年採りまくりまして・・・。
ところが・・・昨年なぜかタラの木がよく枯れるようになりまして・・・。『なんでだろう~~~?』と当店のお客様に尋ねましたら・・・『店長・・・タラの木を見つけたら芽を全部採ってんじゃないのぉ~?』って・・・。
そのとおりですけど・・・(汗
なんでもかんでも全部摘んじゃダメなんですね・・・し、知らなかった・・・orz
なのでね・・・本日はタラの芽ちゃんの子孫を残しつつ控えめな採取となりました。

頂上で一服しますと・・・

まだ背は伸びてませんが根元の太さがそろそろ食べ頃のウドも少しだけ生えてましたので、それも採取しましたが・・・僕はこのウドはなかなか苦手な山菜で・・・天ぷらだったら葉っぱの方をちょこっとだけなら食べられますが、茎の方はかなり苦手です。
酢味噌和えが美味しいとよく聞きますが、僕はそもそも酢味噌というドレッシング自体が嫌いなので・・・(汗


2時間ほどで我が家の所有林での林道整備と山菜採りを終え、帰るかなぁ~と思ったら義父が『帰りにフキを採って帰りたいから ちょっと寄り道してくれ!』と言われまして・・・。
指示通り走って着いた場所は義父たちの秘密の場所のようで・・・
川の淵に車を止めまして・・・どーやら川岸の藪を漕いで行かなくてはならないような場所らしいので、僕はフキもそんなに好きじゃないし(嫌いでもないけれど)、フキにさほどの価値も見出せない人間ですので、一緒に行くのは遠慮しまして車の所で待機することに・・・。
妻と義父の2人でズカズカと藪の中に消えて行きました。

1時間ほど待ったでしょうか・・・あまりにヒマだったので『僕も行けば良かったかなぁ~・・・』とか思いながらも近くの橋の下を探検すると、橋の下には必ずあると言われるエロ本がありましたのでそれを読んで暇をつぶしていましたら・・・。

帰ってきました!でも姿が見えてからも遅い遅い・・・帰りも獲物を探しながらですから100m歩くのにも10分はかかってそうです。

やっと車の所まで到着しまして・・・。

みずみずしいフキが沢山採れた様でご満悦です。

『コゴミもあったんだけど、なんだか伸びててさぁ~・・・』と残念そうに言って、そのコゴミという名の山菜を見せてくれましたが・・・。
『ん?これは・・・・』
僕も待ってる間、橋の下で見つけたエロ本を読んでただけではないのですよっ!なんとっ!偶然の発見ですが、そのエロ本が落ちてた辺りがコゴミというやつの群生地らしく『なんか先っちょがクルクルになった変な植物だなぁ~・・・』と思っていた訳ですよっ!
・・・って事で、そこへ妻達を案内しまして・・・。

これだろぉ~~?と、ちょっと良い気分になりましたが・・・。
これが明日か明後日かに食卓に出るんだよな?・・・さて僕の舌には吉と出るか凶と出るか?


ちなみにエロ本ですが・・・持って帰る訳にもいきませんし、“橋の下のエロ本”として次の発見者のためにもそのままにして帰って来ましたので『ゴミは自分の物じゃなくとも見つけたなら拾って帰りなさいっ!』みたいなクレームはおやめください。m(_ _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR