2回目のオホーツク釣行

先日の定休日・・・またしても行ってきました。留萌方面とオホーツクとどちらに行こうか迷いましたが、天気予報で日本海側から夕方から雨との事・・・。
しかも雷雨・・・と言う事で少しでも雨の危険性の少なかったオホーツクに行くことになりました。

今回はサビキ釣り大好きの妻を説得して、僕の好きな投げ釣りを中心に行動させてもらうことにしました。
車を走らせながらどこに行こうか迷いましたが、まずはカレイも期待できてかつ、チカも釣る事ができるサロマ湖の登栄床(とえとこ)漁港へ行きました。
・・・がっ!・・・
なんか・・・港内がなにやら物凄く忙しそう・・・。漁船とトラックが狭い港内をひっきりなしに行き来してます。
何をしてるのか聞いてみると、この日からホタテの稚貝の運搬が始まったらしく大忙しだと・・・。なんか釣り人は一人もいませんし、駐車することさえ迷惑かけそう・・・。
と、取り合えず短竿とブラーで岸壁付近を探ってみますと・・・。

25cmくらいのカジカ・・・
息子と妻がこいつの味噌汁が好きなので2匹だけ釣って退散することにしました・・・。

で・・・次に向かったのが、昨年、とある釣り記事で話題になった湧別町の川西という地区にあるマイナーな砂浜海岸へ行って見ました。
地図を見ながらできるだけ海岸線に近づくことのできる道を探しまして行って見ると・・・。

良いロケーションですが波が高く濁っていて釣りにならなさそうなので竿を出す事無く退散・・・。

でっ!次っ!!(ちょっとイラつき気味・・・)と・・・。
やっぱし僕のエースポイントであるコムケ湖海岸です。
ここも波がやや高めでしたが、なんとかなりそう・・・と準備して早速投げます。

とりゃ~~!・・・と・・・
で・・・早速、妻の竿に重~~いアタリが・・・なんか海面にチラっと丸系の魚が見えまして・・・コマイかっ!??と期待が膨らみましたが・・・。

ギュ~ギュ~♪(爆
重いはずだよ・・・どちらも35cm級!

でも、その後は全くと言ってよいほど生体反応無く、湖口の導流堤へと場所変えしまして・・・。

一応、何投か投げてみましたが、ここの先端での波のうねりが凄くって・・・。

最大はこれの倍は被ってきました。
導流堤への逆流も津波規模・・・。

危険なのですぐに止めました・・・。

この海岸には砂地の草原がありまして・・・本日はなかなか釣りにならない雰囲気なので、しばしここの名物山菜である『ハマボウフウ』採取を始めてしまいました。

海岸がすぐそこに見えるくらい近くの草地でうじゃうじゃ生えているので簡単に採る事ができます。

天ぷらや酢味噌和えが定番だと思いますが、美味しいですよ~!

・・・と、釣りに来たのに昼前まで山菜取りになっちゃいまして・・・
なんでも良いから何かを釣らねば帰れ~んっ!・・・と、次にやって来たのがチカ釣りの定番中の定番・・・紋別港は第2埠頭です・・・。
時期的にチカは終盤ですが結構釣り人はいますね~・・・。


一応、投げ竿もセットしましてチカを釣ります。前回釣行の時に隣にいたお爺さんから『ウキ釣りが良いよ!』とのアドバイスを受けましたので、何のウキかわからないけど適当に持ってきたので使ってみましたが・・・。

ウキ無しよりは結構釣れました。やはり爺さんが言ってた様にウキの揺れがチカを誘うのだと思われます。

妻は先日修理したサビキ竿を使って底を狙いまして・・・Goodっ!
夕方、雨も降りましたが80匹ほど釣れました。でも・・・肝心の投げ竿は一度も揺れることがありませんでした・・・。
僕の心は冷え切ってます・・・。『こんな小魚釣ったって・・・』

なんとか1匹でもカレイをっ!!・・・と・・・まだ日暮れまでは時間があるので、次に同じく紋別港内の第3埠頭へ行ってみまして、僕は投げ、妻はサビキで遊ぶことにしました。

もうね・・・何もすることがありません・・・小さなツブ貝とヒトデが釣れまして本日の釣りは終了っ!っと・・・。

釣り情報どおり素直に栄浦か浜サロマに行けば良かった・・・。


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR