釣ったワカサギをサバく (内臓取り出し)

我が家では、釣ってきたワカサギはどんなに小さくともその内臓を取り出します。
やっぱエサであるサシが気になるからです・・・。
また、ご近所、知り合いにお裾分けするにも、腹を出して差し上げた方が親切かと・・・。

僕はシザーは持ちますが、包丁使いはてんでダメで・・・
でも大漁のワカサギの処理を妻一人にヤラせるのは可愛そうなので、教えてもらったところ、意外に簡単でした。

まずはエラの下にナイフを入れます。

包丁だとデカいので、僕はビクトリノックスのナイフ(小)を使います。

ナイフを入れた位置からほんのちょっとだけスライドしてカットします。
腹全体を切り開くわけではありません。

肛門の所もちょっとだけ切ります。

ほんのちょっとだけです。腸を肛門から切り離すイメージです。

開いた胸元から内臓をかき出します。

と、出てきた長いのが腸だと思われます。あとはこの腸と胸元にある内蔵をカキ出して出来上がり。

こーすることによって抱卵ワカサギの卵を温存しつつ内蔵を取り出すことができます。

・・・で、本日約350匹のワカサギをサバいたところ・・・

ほらほらほら~~~っ!!出たよ~~~っ!!

こんなこと言ってたら釣る資格ない?


にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR