スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾った仕掛けの考察

先日の釣行で妻が1本の仕掛けを釣り上げまして・・・。

くちゃくちゃになって引っ掛かってきましたが、釣れない時間を利用して、なんとかほぐしてみると・・・
どーやら遊動式仕掛けのようで、しかも自作っぽい・・・。
更には僕が作るのとは違う様式であれこれ工夫されてる様子・・・。

糸もクチャクチャ、針は折れてますが、家に帰って分析しようと持ち帰ってきました。
それがこれです。

プロの方にしたら『な~んだ・・・普通じゃん!』という仕掛けかもしれませんが、素人の僕には色々と開眼すべき点がいくつか・・・。

まずオモリを付けるサルカンの可動域が長いです。サルカン両端のビーズは固定されておらず、“こぶ”とハリスを付ける下側のサルカンまでの間、35cmの可動域があります。僕の自作品はサルカンの両端のビーズは5cmくらいの幅で固定していますが、これはいったいどーいう効果を狙ってるのでしょうか?魚がかかったときにオモリを引きずることなくダイレクトにラインにアタリを反応させる事ができる・・・?と言う事かな~??

アクセサリはシンプルですが妻の喜びそうな可愛いビーズでした。蓄光玉と白いビーズ、赤、青のビーズなど。
ん~~・・・エッグボールも良いですが、こーいうのも何気によさげ!

あと・・・先日僕が使った自作遊動式仕掛けですが、エダスが巻き上げるたびにヨジれて絡まって大変でした。ハリスには6号糸を使ってるのにそれでもヨジれましたし、絡みました。
それを解消すべきヒントがこの仕掛けにありました。

まぁ・・・ちょっと頭をヒネれば考え付くことかもしれませんが・・・エダスにビニルパイプを通し、エダスこぶと瞬間接着剤で接着しています。その上に蛍光パイプをかぶせてます。これでエダスが固定されてヨレることも絡まる事も無いのでは?・・・と思います。

針とハリス以外は大丈夫なようだったので、その部分だけを交換して、あとはこのまま使わせてもらう事にしました。



にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。