ギャフ製作 (釣具)

先日、釣行の際に港でギャフを落としてしまいました・・・{/悲しい/}

ギャフというのはこんな物・・・。

このフック状の物を長い竿の先に取り付けて海で竿を落としたり 大物を釣った時なんかに引っ掛けて回収します。まぁ・・・大物って言ったって防波堤釣りくらいじゃせいぜいシャケが大型魚に該当する程度ですのでほとんど使うことはありません。

・・・が!我が家では釣りのエサとして防波堤の岸壁にへばりついている『エラコ』というイソギンチャクの一種を捕獲して使っていますので、その際にこのギャフがなければ捕獲することができません。先日、その捕獲をしている時に竿側のネジが金属疲労で破壊されギャフヘッドが海底に落ちていってしまいまして・・・。

こんな物でも買うとなると3000円近くしますので DIYにて製作することにしました。
落としたギャフの代わりに使用するのがこれっ!

100円ショップで売られているハンディーレーキです。もちろん100円!これの柄の部分を竿の太さまで削り差し込んで固定します。

・・・で、削ります。あらかじめ簡単に削る目安をマーキングしておいて、あとは勘と実物合わせでなんとかやってみます。失敗しても100円ですから・・・。

削る工具は両頭グラインダーです。バット職人になった気分でできるだけ均一に綺麗に削ります。


削れました。

あとはこれを竿先に差し込んでネジで固定します。

更にギャング風のギャフにするためにこれに通称『ぎゃんぐ針』をセットします。

こーすることによって様々な物を採ることができるようになります。

あとは刃の先をもうちょっと曲げて先ほどのグラインダーで尖らせ 外れないように番線できっちりしばりあげて完成です。

AUTHOR: RYO EMAIL: URL: IP: 210.255.19.174 DATE: 07/11/2009 07:08:40 釣りの道具って結構お高いんだよね〜竿立てとか網とか・・・そんでよく海に落としたり忘れたり、家も昔ギャフ落としたことあるよ〜DRYで製作するなんて良いアイデアですね〜さすが♪でもシャケ釣ったら刺さらんかもよ(^。^)そうえばエラコってイソギンチャク化?多毛類ケヤリ科の環形動物では、大きくはゴカイのようなものではなかったかな??(間違ってたらごめんなさい)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR