ダメダメ釣り@紋別港→サロマ湖

先日の定休日ですが・・・なんかもう惰性で行ってしまいました。もちろんオホーツクへ・・・。
でもねぇ~・・・なんか本当にオホーツク界隈の春~夏の釣り情報って少ないのね・・・。やっぱオホーツクと言えばカラフトマスとかサケの方が重要で港でのカレイや小物釣りなんかは軽視されてんのかな~・・・とか思ってしまいますが。

で・・・妻も今回はテンション低めで『別にぃ~・・・行ってもイイヨ~・・・』なんて・・・『行きたい!』とは言わないんでね・・・。
でもまぁ行きましたよ・・・行った場所は紋別港。カレイはダメでしょうけどチカならなんとか釣れるでしょう。チカが釣れりゃ妻も喜ぶでしょうから・・・。

と言う訳で深夜1:30頃到着しまして、仮眠前にまずは広~い紋別港を走って調査をしますが・・・。
どこにも誰もいない・・・いや、こんな深夜に釣りしてる人はいないでしょうけど、車中泊の車が全然ありません。日→月の夜ですので週末よりはそりゃ少ないでしょうけど、全く居ないのよねぇ~・・・。
仕方ないので色々考えながら第3埠頭のきれいなトイレのある駐車場で仮眠をしました。

4:00に起床しまして・・・
monbetsu.jpg
画中の黄色い所・・・第2埠頭の海上保安庁近くでチカを釣る事にしました。
釣る事にしたって言ったって、明るくなってからもどこにも釣り人は居ませんので我が家の過去の実績から考慮して決めた訳ですが・・・。
誰も居ないところで釣りをするのは案外勇気がいります。地元の人から『あんな場所で釣ってて馬鹿じゃないの?』みたいに思われていないか?・・・なんて被害妄想で・・・(爆
紋別港での小物釣りは他にもポイントがたくさんありまして画中のどの色の所でもできますが、その時々によって人の集まりが違うので港に到着したら車を走らせて調査しなくてはいけません。去年と同時期でも人の集まる場所はその年その年で違ってる様な気がします。


で、準備が整いまして・・・
DSCN4307a.jpg
まずは撒き餌をどんどんしまして魚を寄せなければいけません。
・・・と、向こう側の埠頭(地図のピンク部分)を双眼鏡で見ますと釣り人がポツポツと集まってきてまして・・・
そーいやフィッシュランド情報で第2埠頭でチカがポツポツみたいな事が書かれてたな・・・と。って言うかここも第2埠頭なんですが、同じ第2埠頭でも場所を間違えたかな?・・・と・・・。
そんな事を思いながらももう道具を広げてしまった以上 今さら移動なんてできませんのでこのまま続ける事にしまして、延々と撒き餌をしましたら・・・。
10cm級と15cm級が入り混じってポツポツ釣れる様になりました。
僕は最初はチカ釣りはせずに・・・
DSCN4308a.jpg
最近ここでカレイが釣れたって話しを聞きませんが、昔は結構釣れたらしいのよ・・・。
でもやっぱりダメです・・・海底には結構海草がはびこってるようです。釣れるのは海草ばかり・・・。
なので仕方なく妻のチカ釣りを手伝いまして、10:00くらいまでに2人で70匹くらい釣った所で完全に釣れなくなったので終了っ!
何人かが車でやってきて『釣れますか~?』と聞いてきたけれど、結局最後までここで釣ってたのは僕らだけでした。移動時に一応人の集まってたピンクの場所もチェックしてみたけど、僕らが釣ってた場所の方が釣れてた様な気がします。


・・・と言う事で、移動なのですが・・・
どこに行きましょうか?・・・と・・・僕らが知ってるポイントとしては北上して沙留漁港か南下してコムケ湖海岸、更に南下して湧別漁港、サロマ湖ってな事になりますが・・・。
先週暴風の中、サロマ湖の登栄床漁港でカレイを1匹釣り上げた感触を思い出してしまったのでそこに行くことにしました。
toetoko.jpg
11:00には到着しましたが・・・なんか・・・漁師さんたちメッチャ忙しそう・・・物凄い数の漁船が出入りしていて埠頭にも車やらフォークリフトやらトラックやらで溢れています・・・。
暇そうにしている人に聞いたら、この日はホタテの稚貝の移送をしているとの事で忙しいんだとか・・・。
せっかく来て釣らずに帰るのも嫌ですが漁師さんたちの迷惑にならないようにもせねばなりません。

先週は黄○の箇所で釣ったのですが・・・ここは角ですので船は停まりませんので常に開いてはいるのですが本日は積み下ろしの作業が陸地両脇で行われているので作業が終わるまで赤のエリアでサロマ湖側に向かって投げてみました。
サロマ湖側は海草が多いので遠投はしない方が良いですね。岸壁から20mくらいの所が海草が少なめなようです。
DSCN4315a.jpg
ホレっ!でっかいウグイっ!(爆)ウグイっていうかアカハラってんでしょうか?コヤツらばかりです。
ガツゥ~ン!といきなりのアタリがくるので合わせて巻き上げると途中で『あれ?バレた?』みたいな感触があり、途中『やっぱ釣れてる?』『いややっぱりバレたかも?』みたいに・・・
コマイなんかもそーですが丸物と言われる魚の引きの特徴からすぐにわかってしまいます。
途中漁師さんたちの作業状態を見ながら何度も港内角からも投げてみましたが釣れるのはやっぱり・・・
DSCN4312a.jpg
こやつも食べれば旨いなんていう人もいまして・・・義父なんかは結構好きらしく昔一緒に行ってた頃は他の釣れた人からもらったりもしてましたから・・・。僕らは食べないのでそのまま海にお帰りいただきます。
釣りブロガーさんの誰かが書かれていたような気がしますが、釣り人の中には外道が釣れると叩きつけたり踏みつけたりして殺して、そのまま足元に放置してる人が多々いられるが、外道が釣れたって事はそのポイントにはまだ沢山の外道がいる訳で、たかだか何匹かを殺したってまだまだ海中にはいるんだから無駄な殺生でしかない・・・まして放置するとただの生ゴミと化して匂いがひどいと・・・。清掃するのは地元の人達でしょうからね・・・。

さて、延々とウグイとの格闘を続け・・・お腹もすきました。
DSCN4311a.jpg
本日のお弁当です。いつもながらの冷食メインのお弁当ですが・・・写真を撮り終えたら妻が『あんたプチトマトは嫌いでしょ?』と取り上げられてしまいました。
まぁ本当に嫌いなので良いのですが、『なぜ嫌いだと言ってるそれを入れておくの?』と問いますと・・・『ブログ写真用に色取りとしていれたのヨっ!』だそうです・・・やっぱりブログに載せると言えば弁当のグレードアップがされるのね・・・。(爆

やがて昼過ぎになるとウグイすらも釣れなくなり僕は帰りの運転を考えて仮眠したりしてダラダラ過ごしてますと・・・
DSCN4310a.jpg
おりゃ~~!と叫びが上がりまして・・・今日も妻に幸運が舞い降りました。そんなに大きくはないけど・・・。
この後もう1匹追加もやっぱり妻でした・・・(泣

結局僕はカレイは1匹も釣れず・・・ウグイも妻の方が大きかったし・・・。
なんか今日はイマイチだったな・・・と、15:00には終了しまして またもや近くの三里浜に行って『ハマボウフウ』を採取して帰りました。

さすがに2週連続の貧果はちょっとこたえるなぁ~・・・とか思ったけど、ブロ友の『あんぐらいだーさん』の事をフと思い出し・・・『彼の釣りは貧果率が高いんだよなぁ~。それでも彼は行くんだよなぁ~・・・』と自分を慰め次回釣行での大漁、もしくは大物GETを誓いまして今回の釣行終了っ!!




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

またもやサロマ湖

先日の定休日ですが・・・春ですので色々やらなきゃイケない事もあるのですが、釣りに行きたいと言う欲求を抑えることができませんので行く事にしまして・・・
さて・・・今回はどこに行きましょうか?と思案する事も無く・・・取り合えずまだ紋別港界隈はかんばしくないでしょうから今回も 前回妻が大型のカレイを釣り上げたサロマ湖は栄浦漁港へ行く事にしました。
もちろんあわよくば春ニシンも期待しての釣行です。

深夜の2:30頃到着しまして・・・まずは仮眠です。一睡もしないでヤって来ましたので開始予想時間の4:00頃まで1時間ちょっとですが寝ておきます。
sakaeura.jpg
これから港釣りをしたいと思っている初心者のためのおさらいですが・・・
ここ栄浦漁港での釣り場は、ほぼ画中の船道周辺となります。遠投をすることはあまり無くチョイ投げや垂らし釣りがほとんどです。
地元の爺様たちの話によると画中の赤○がカレイの一等地との事で・・・ニシンやチカなどのサビキ釣りにおける撒き餌が沈殿してここに溜まるらしく、それを食べに来たカレイがいるのだとか・・・。
オレンジ部分の船道も漁船の出入りで頻繁に海底が掻き回されるためカレイの捕食にとっては良い環境なのだとか・・・?
やっぱせっかくだから豪快に投げたいなぁ~・・・って人は矢印部分からサロマ湖側に向かって投げると・・・
他にも赤枠だろうが青枠だろうが、あっちこっちで試せるのが良いですね。
ここは春のニシン釣りでも有名ですが、針の号数は7号~10号と大きめ。最近は青や緑の針でキラキラしたアクセサリーが付いている物が主流なのかな?撒き餌は基本的に必要ありませんでニシンがいるかいないかが重要な事です。
その仕掛けに15号~20号程度の錘を付けまして3m~4m程度の投げ竿(サビキ竿ではダメです)で10m~20mくらいのほんのちょっと投げます。錘が海底に着低するかしないかくらいでしゃくっては巻きしゃくっては巻きを繰り返して寄せてきますと、居れば数匹食らい付いてきます。
どーぞご参考に・・・。


・・・と言う事で、ちょっとだけ寝坊しまして4:30頃起床。早速準備しますが・・・
この時点で釣り人は一人だけ・・・そもそも到着時には車は僕らしかいなくて・・・ニシンが釣れる時期なら泊まり組も多いはずですし明るくなる頃には人も大勢いるはず・・・
こりゃニシンはダメかなぁ~・・・と思いながらも2人して四方八方にニシンに仕掛けを投げ込みますが・・・反応ありません。
よく外海から帰ってくる船の後を追ってニシンが付いて来る事があるので船が通った後も投げて見ますがやっぱりダメです。
妻が地元爺様らしき人に情報を聞きますと・・・『ニシンは終わったよ!』とな・・・(泣
詳しく聞きますと・・・2週前に僕らが来た後日にニシンWEEKがやってきたのだとか。しかし早朝のみでかつ数も少なめ。期間もほんの数日間だったとか…おまけに今年はカレイもいまいちかんばしくないって・・・。

悪い話しを聞きますとテンションも下がりますが旭川から遠路はるばる170kmも走って来たのですから諦めるわけにもいかずニシン釣りをやめてカレイ釣りを初めます。
本日も当然ブラー釣りです。前回ブラーで大型のカレイを釣った妻がニシン釣りからカレー釣りにチェンジすることの速かった事速かった事・・・現金なものです。
ところがやっぱりと言うか・・・爺様の言うとおりカレイもさっぱりなんですね・・・(泣
たまに釣れても手の平以下のスケスケカレイで・・・。
DSCN4298a.jpg
そんな中、ヤってくれたのが画中に写りこんでいる背中を向けているおじさん・・・。港の紹介画像中の赤○の箇所で釣ってたおじさんですが・・・。
『ちょっとニイサンっ!』と声がかかりまして・・・見ると磯竿かサビキ竿の穂先が折れんばかりにシナってまして・・・海面に浮上してきた獲物は座布団かと見間違うほどの大型カレイ・・・。
『ちょっとタモを取ってくるから竿を持っててクレっ!』と大役を仰せつかりまして・・・(爆
ここでバラしちゃビンタ3発くらいじゃ済まんぞっ!とラインを緩めないように常にカレイの方向を気にしながら竿を操りまして・・・タモを持って来たおじさんが見事キャッチ!(パチパチ)
デカイっ!確実に40cmは越えてる・・・目測43cmくらいかと・・・
いいなぁ~・・・とかつぶやきながらこの際だからおじさんの仕掛けを見てみるとブラーと胴付きを合体させたような どーやらおじさんのオリジナル仕掛け・・・。針の針元には黒毛が付いてます。
『ん~~・・・やっぱりここは黒毛が有利なんだな・・・(前回の妻の大物GETも黒毛付きブラーです)』とか思っているとおじさんが・・・
『ニイサンがた、2週間前にもここで釣ってた人だろ?奥さんがデカいの釣った・・・』とか言いまして・・・。
目無し帽かぶっていたのでわかりませんでしたが、前回釣行の時 妻のブラーを見て『この黒い毛が良いのかなぁ~・・・』と言ってたおじさんでした。
このおじさん、その後所有の黒毛使用のカレイ仕掛けをバラしてブラーや針に付けたのだそうで・・・。やっぱりあくなき探究心が好釣果を産むのだなと実感しました。

こんな事もありながら延々とカレイのブラー釣りは続けますが相変わらずの貧果で・・・
DSCN4300a.jpg
この日最大の獲物は・・・20cmちょいのカワガレイ・・・っつーかこのおじさんが『刺身で食えやっ!』といただいたカワガレイですけど・・・(爆
この日のここでの僕らが釣った真の最大カレイはと言うと・・・
DSCN4301a.jpg
これですもん・・・(爆
なんとか少しでも大きく見せて撮影しようと何度も何度も“魚が大きく見える撮影技法”を試してみましたが、これが限界で・・・体長15cmくらいって・・・(爆

10:00頃・・・
DSCN4299a.jpg
本当に釣り人が少ない・・・なので移動する事にしましたが・・・どこに行きましょうか?と・・・。
前回釣行の後コメントくださった『ぐっち~さん』というチャリ釣り師の方が能取湖湖口でチカの群れを目撃し大漁だったとの話しを聞いたので心が揺らぎましたが帰りの事も考えるとちょっとなぁ~・・・と。
近くに浜佐呂間漁港がありますが近いって事は状況もそんなに変わらないのでは?・・・と・・・。
そこで過去にこの時期に良い思いをした、ここ栄浦漁港とは間逆の位置、北端にある登栄床漁港に行ってみることにしました。
ちょっと心配だったのは数年前に登栄床漁港に行った時には釣り場での車の駐車が禁止となっていて専用駐車場から歩いていかなくてはならないという点ですが駐車禁止解除になっててくれよと願いながら向かいました。

この広いサロマ湖を果てから果てへと走りますが・・・なんかだんだん風が強くなっていってますが・・・。
到着しますと・・・やったーっ!釣り場での駐禁が解除になってました。これでわざわざ歩かなくても済みます。いや本当に釣り人はマナーを守らないとダメですね。さもなくばいつかまた駐禁になりますね。
・・・と喜んでばかりもいられませんで・・・ここの状況はというと・・・なんという暴風っ!快晴ですが風速は15m以上はありそうっ!身体がもってかれます・・・。これでは釣りになりません・・・。
仕方が無いのでこんな事もあろうかとセカンドミッション発動です・・
DSCN4304a.jpg
登栄床漁港からはサロマ湖湖口に向かって車で数分の三里浜で海の山菜『ハマボウフウ』採りをする事になりました。このために採取用のネットと園芸スコップも持ってきておりました。
妻はこーいった物採りを始めると際限がありませんで、思わず資源を根絶やしにしてしまうのではないかと心配になるほどですが・・・(爆
僕も少々採りまして途中帰りの事を考え仮眠もしました・・・。
大量のハマボウフウを採取した後、再び登栄床漁港に戻ってみますが・・・やっぱり風は納まらずさらに車中で仮眠を取りまして・・・


15:00頃、仮眠から覚めますとやっぱり風は納まってない・・・もうそろそろ帰らなきゃなぁ~・・・とか思い始めましたが、なにしろ本日の本分であるカレイは栄浦の15cmですので、暴風ではありますがここは思いきって竿を出す決意をしました。
投げ竿は1本で。三脚に置いたってぶっ倒れるだけですのでチョイ投げで手に持ってアタリを待ちますと・・・
DSCN4306a.jpg
第1投から数十秒で“クンクン♪”と穂先がしなりまして・・・本日の最大カレイを見事GETです!・・・って言っても25cmはありません。ブログに載せるためにやっぱり“魚が大きく見える撮影技法”を駆使しました。(汗
その後何度かアタリはありましたがなにせ風で竿が揺れるのでキチンとあわせられなくて結局ここではこの1匹・・・
いやいや最後の最後にこれですから取り合えずこんな遠くまで来た甲斐はあったと思いたいですね・・・。


ま、まぁね・・・毎年こーいう貧果釣行は何度かありますんでね・・・これにめげてちゃ海の無い旭川からなんてどこにも釣りに行けないですよ・・・。
次回は大物をっ!・・・と願いつつ
皆さんもお楽しみくださいっ!



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR