キャンプの準備 (川釣りの準備)

約2週間ぶりの記事投稿ですが・・・何もやっていなかった訳ではなく、先週定休日は北広島の三井OPとコストコへ行き、本日は僕はゴルフへと週1の定休日は常に有意義に過ごすようにはしております。

・・・で、本日の定休日の事ですが・・・ゴルフが意外に早く終わってしまい、お昼過ぎには帰宅してたっぷりと時間が余ってしまいまいたので来週予定しているキャンプの時の釣りのためのグッズを買いに釣具店へ行って見ました。
・・・で、買ってきたのはこんな物・・・。(汗
DSCN3864a.jpg
川釣り用のルアー3個とフック、リング、川での餌釣り用のヤマメ針・・・。
まぁ・・・何てこと無い物達とお思いでしょうが・・・

実は・・・僕は川や池などでのルアーフィッシングはやったことがありませんで・・・
って言うか、正確に言えばやったことはあるけど釣れた事が無いという・・・
って言うかルアーフィッシングのなんたるかを全く知らないと言う・・・
スプーンとスピナーっていうルアーがある事くらいは知ってますが・・・

随分昔に試しにやってみたルアーフィッシングって言うのが、ホームセンターとかでよく売られているルアー5個セットで500円みたいなインチキっぽいルアーを使って、適当に投げて適当に巻き上げて・・・みたいな・・・。
なんかギャング針みたいな三股の針が付いてるがためにすぐに流木とかにひっかかってあっという間にロストボーズみたいな・・・(汗
なので当然一度も釣れた事が無く、一度のアタリすら感じたことが無いと言う・・・(汗

だから川釣りと言えば渓流竿を持っての餌釣りばっかりになってしまいまして・・・。
ところが昨年、日高町にある沙流川オートキャンプ場に行った時に近くを流れる沙流川で釣りをしていたら、夕方になってあちこちで魚達がパシャパシャと水面を跳ねているじゃありませんか。
中には糸の目印を餌と間違えてアタックしてくる魚も居て・・・その時に『この状態だったらド初心者の僕でもルアーで釣れるかも・・・?』なんて思ったりして・・・。
そこで来週おそらく行くであろう沙流川オートキャンプ場で一度試してみようと思った訳です。

相変わらずルアーフィッシングと言う釣り方を全く勉強しておらず・・・知らないなら知らないで誰かに聞くとか、お店の店員さんに聞くとかすれば良いのですが、外では床屋の僕とは全く違ってなかなかの人見知りなもんですから適当に買ってしまいました。
お店であれこれ物色しているとシングルフックって言うんですかぁ?・・・3股じゃない普通っぽい針のルアーを見つけてしまいまして・・・そこでハタと気が付いたのですが・・・。
『あれ?ひょっとして流れのある川とか渓流ってこっちを使うのかな?』って・・・なんかそんな気がしますっ!3股の針を川で使うって、そりゃ引っ掛かって当然だろっ!・・・と・・・。
で、『ヤマメが釣れたらいいなぁ~・・・』って思ってるから単純にパーマーク柄の物ばっかり買ってしまいましたが良いのかなぁ~?
重さも『どーせ僕に釣られる魚なんてチビばっかりだろ・・・』と軽めの2.5g~4gですが、こんなちっちゃくて本当に良かったのか?

フックとリングはですねぇ・・・物置を整理していたら義父の古い釣り道具の中から何個かスピナーが出てきて、それが3股の針だったのでシングルフックに付け替えてやってみようかと・・・。
ルアーのサイズとフックの大きさの関係もわからないので適当に『8』を買ってきましたわ・・・。
まぁ・・・ルアーの時は人に見られないようにこそこそやってみますワ・・・(恥



もちろんきっとそんなに甘いものじゃないと思うので、メインは餌釣りな訳で・・・なので僕的に良く釣れると感じているヤマメ用の青針も買いました。わずかな金額をケチって糸無しを買ってしまったので暇を見て糸を結ばなきゃなりませんね・・・。(泣
これが老眼には辛いのさ・・・。


帰りに叔母の家に寄って、今春亡くなった叔父の遺品である釣り道具一切を頂いてきまして・・・。
DSCN3862a.jpg
まだ良く見ていないのですが、5.4mの手竿があるので、それは間違いなく妻のチカ釣り用となることでしょう・・・(爆
お宝あるといいなぁ~~~!!


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キャンプを待ちきれなくて・・・

先週末の話ですが・・・娘からTELがありまして・・・
『今、丸瀬布にキャンプに来てて、魚釣りしてるんだけど全然釣れないんだわっ!なんでぇ~?』って・・・。
帰宅後詳しく話を聞くと、餌にウインナーを使ってたとの事・・・(爆
おまけにホームセンターで糸付き、針付きの万能竿を買ったわ良いものの、錘(ガン玉)付けずに仕掛けを流していたとの事・・・(爆
餌が沈まずプカプカ浮いている事に違和感を覚えてはいたらしいが、なにせ川釣りなんてやった事も無かったし、こんなものかと思って釣っていたとの事・・・。

そんな話や楽しかった話を聞いてるうちに僕らも早くキャンプに行きたい想いで胸が張り裂けそうになるこの頃です・・・。
キャンプの日程は既に決まっていて8月初旬とお盆過ぎに予定していますが、行くにあたって何か買い替えの必要なもの、新規で必要なものなかったかなぁ~~?なんて妄想してますと・・・。

あっ!そーいや・・・メイン照明はコールマン286Aで良いとして・・・サブの照明がコールマンのコラプシブルランタンってやつで・・・
coleman-collapsiblelantern.jpg
結構昔ので、クリプトン球で単一電池を4本も使ってる割りにさほど明るくも無く、しかも連続点灯時間もさほど長くなくて・・・
いつだかなんて車の中で揺れた時に勝手にスイッチが入っちゃったらしく、使いたい時に使えなかったなんちゅー事も・・・。

なので昨日お店の暇な時にササっとポチしてみましたら本日早速届きまして・・・。
DSCN3859a.jpg
Energizer(エナジャイザー)って言うのは多分商品名なんだろーなぁ~・・・パッケージ裏面に『シック・ジャパン』って書いてあったから・・・って・・・えぇ~?あのシェーバーメーカーっ!?
なんかどーりでパッケージがシックの安全かみそり風だったもんなぁ~・・・。(爆
たまたまポンパレモールの僕のアカウントに見に覚えの無いポイントが1000円分入っていたので(爆)、そのポンパレモール内のe-sportsさんで買ったら約24時間で到着してしまいました。
Amazonより速いんじゃない?


・・・で・・・キャンプにこだわりのある人なんかはこんな物買わないと思うのですが・・・
ナチュラムのプレビューを見てもサブ照明で人気があるのはジェントスとかのめちゃ明るくて長時間寿命の奴なんですよねぇ~・・・。値段も3000円しなくてお手ごろ。
僕らはメーカーとか形状とかあんまりこだわりなくて、必要だったのは“そこそこに長寿命”で“そこそこに明るく”て“色々便利”みたいな奴が良いのです。
中でも購入した最大の特徴が・・・
DSCN3860a.jpg
電池BOXの中に単3アダプターが入ってて、これのおかげで単1(3本)も使えるし単3(3本)も使えると言う・・・。
電池寿命は通常単1だと高輝度195時間、低輝度380時間と超ロングでして・・・単3になると単1よりはかなり劣りますがそれでも高輝度29時間、低輝度58時間でして・・・。
我が家のキャンプは最長でも2泊3日なので使用時間はせいぜい15時間くらいでしょうからこれで十分って事なんです。
更にはあまり必要の無い機能として水に浮くとか水深1mで30分防水されるとか虫の寄らない豆球とかスイッチが夜光だとかありますが・・・


・・・ん??・・・
水に浮くってかぁ?・・・
投げ竿にこいつを取り付けて海に投げ込んでイカ釣りや夜釣りの時の集魚灯にできるんじゃねぇかぁ~~??(爆


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

暇つぶしの川釣り

本日の定休日ですが・・・海釣りは先週で最後という事にしたので、本日は川に釣りに行ってきました。
前日の天気予報で今日はあまり良くないみたいな事を言っていたので行けるかどーかって感じでしたが、一応前夜に準備しておきまして・・・。
今日、ワールドカップの決勝戦を朝4時に起きて見ていた時には、雨がザンザン降っていたのに7時頃になると薄ら晴れてきたのでちょっと遅めの8:30頃に家を出ました。
妻は行きたくないと言うので本日は僕一人での釣行です。

行った川は当ブログにも何度か出てくる我が家の所有林の麓を流れる小さな川で、自宅からは30分程で行く事ができます。
雨竜川の支流で毎年1回は竿を出しますが、一応ヤマメも生息しています。

・・・で、まずはこんな所・・・。
DSCN3853a.jpg
僕は川釣りでは常に餌釣りでして・・・。しかも川歩きなんかしないのでブッシュが無く開けた所じゃないと釣ることができません。
この川はその流域のほとんど両側がブッシュで覆われており開けた場所は数箇所しか無いのがたまにきずです・・・。
ここはコンクリートの人工物の足場上に立って釣ることができるのは良いのですが、あちらこちらにこんなものが・・・。
DSCN3854a.jpg
ヘビのぬけガラです・・・。随分あるなぁ~・・・実際ここで生きたヘビは見たこと無いですが、かなりビクビクしながら釣っていました。
朝ともあって竿を出すと小さなニジマスかヤマメが何匹も餌を突っつきに来ますが、あまりに小さすぎて僕の使っている7号針には2匹しかかかりませんでした。
なので40分くらいやって移動っ!

次は農業用の橋がかかっている所で、その橋の上から糸を垂らします。
DSCN3856a.jpg
ここでは過去に50cm以上はありそうなニジマスらしき魚を目撃したことがあるのですが・・・本日はチビ達のアタリもありませんでした。
・・・って・・・橋の上から竿を出してるところは他人には見られたくないなぁ~~・・・(汗
ここも20分ほどで移動っ!

最後に堰堤のある所・・・
DSCN3858a.jpg
いつもここに来ると大物が釣れるような予感がするのですが・・・本日釣れたのはやっぱり・・・
DSCN3857a.jpg
20cmちょいの・・・ニジマスなのかなぁ?ヤマメなのかなぁ?よくわかんないけど・・・釣れた時はパーマークもハッキリ付いてるし顔も優しい顔に見えたのでヤマメかなぁ~って思って喜んでいたのだけれど、帰ってからもう一度よ~く見たら背びれに斑点があるしパーマークも薄くなっていて顔も人相が悪くなっていたので多分ニジマスなんでしょう・・・。

結局本日の釣果は大小合わせて6匹でしたが、多分全部ニジマス・・・。
やっぱりヤマメが釣りたかったなぁ~・・・。

って事で12:00には帰宅しまして、あとはプラプラダラダラ過ごしました・・・。




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

ダメダメ釣行@紋別港周辺

先週の紋別港でのニシン投げサビキはサビキ釣りに飽きている僕でもなかなか面白い釣りだったなぁ~・・・とは思っていたのですが・・・。

でもなぁ~・・・本当にカレイはどこに行ってしまったのさ・・・
・・・と・・・もう、こーなりゃ もし40cmオーバーのカレイが釣れたなら釣りをやめたっていいっ!・・・くらいの覚悟をもって、先日の定休日にまたもや行ってきました。
行った場所は、まずは興部町の沙留漁港です。
沙留漁港は前回来た時には、まぁポツポツとは釣れていたし、過去には45cmくらいのクロガシラを釣り上げている人を見かけたこともありますので・・・。

恒例の土日の満員御礼営業を終えまして、気合が入っている分 いつもより早めの21:30出発、00:00には沙留漁港に到着して車中仮眠を取りまして・・・。
3:00には起床、3:30には実釣開始です。
DSCN3846a.jpg
わずかにですが風が吹き、潮も押し気味に動いていまして・・・だからって釣れるのかどーかは素人の僕らにはわかりませんが、以前プロ風の釣り師爺様から『潮が止まってる時は何をやってもダメだっ!』・・・
と聞いたことがあるので、凪よりは多少でも波が立ってるくらいの方が釣れるのではないのかと期待しますが・・・。

でも・・・深夜に到着した時には誰もいなかったし・・・画像のとおり日の出までに来た車はたったの3台・・・なんか嫌な予感もしましたが・・・。
その予感どーり9:00頃までに釣れたのは15cmくらいのカ・ワ・ガ・レ・イっ!1匹とマイクロサイズのクロガシラ、そしてヤドカリ、チビのクリガ二だけでして・・・。
なので急に訪れた僕の便意もあって、沙留漁港を離れる事になりました・・・。


なんとかギリギリコンビニのトイレを借りて出すものを出した後・・・『ホレっ!見たことかっ!』という釣れない釣りの大嫌いな妻の冷たい視線もありましたので、ちょっと機嫌をとるべく先週のニシン釣りを期待しつつ紋別港第3埠頭石炭置き場へ向かいました。
先週でさえニシン釣りは終盤中の終盤を迎えていた訳ですが、何故か15人くらいは釣り師たちがいましたので、まぁポツポツは釣れてるんだろう・・・と、僕らも釣り始めました。
先週同様サビキ仕掛けのフルキャストな訳ですが、この日は僕らも仕掛けをニシン用の10号針ではなく、大チカ用の6号を投げてみました。
・・・で、釣れるには釣れましたが・・・ニシンは先週の30cmオーバーから急に小さくなって15cmくらいの小ニシンに変貌していました・・・(泣
『君の父さん母さんはどこ行ったんだい?』と問うてみても答えは返ってきません・・・。
あとは臭ぁ~い臭ぁ~いキュウリウオ・・・ご近所の釣り師の皆さんからあ~すれば美味しい、こ~すれば美味しいと教えられて、妻にとってのキープ魚種となりましたが、釣れたキュウリウオを針からはずす時には直接触らないようにトングを使ってはずしてましたよ・・・。

投げる事ばっかりに気をとられていると・・・一人だけチカ狙いで岸壁の足元にサビキを垂らしているおじさんかいまして・・・1匹、2匹ずつですが確実に釣れてらっしゃる・・・。
なので妻も当然・・・
DSCN3847a.jpg
こーなる訳ですね・・・。(爆
なにしろ多種多様な釣りの中でワカサギ一番、チカ2番ってくらいのサビキ大好きおばさんですから・・・(汗
撒き餌も持って来てなかったしアミえびも持ってきていなかったのですが、それでも1匹1匹丁寧に釣り上げる様子は、少しでも食費を浮かせようと言う気合の表れのようにも見えます。

僕はと言えばものの1時間でサビキに飽きてしまい、誰もやってないカレイの投げ釣りを始めましたが、やっぱり釣れないですね・・・せっかく持って来たイソメを房掛けにしてみましたが何の反応もありません。
唯一タコと思しき奴との格闘がありまして・・・手前数mの所で海底にしがみつかれてしまい、更にはリールもぶっ壊されると言うハメに・・・。
周りで『頑張れ!頑張れ!』と応援してくれた暇な釣り師、ギャラリーの皆さんはがっかりした様子で『ありゃりゃ・・・ダメかよぉ~・・・もったいねぇなぁ~・・・あぁ~ぁ・・・』と冷たい視線を送りながら自分の陣地に帰って行きました・・・。(泣


あまりの恥ずかしさと本来の目的(カレイ釣り)もあって13:00頃、再度の移動を妻に進言しますが・・・『釣れない所に行ってどーすんのさっ!』と言われて、『つ、釣れない所って・・・釣れるか釣れないかは行ってみなけりゃわからないだろっ!』と旅先でプチ夫婦喧嘩になりましたが・・・。
元々今日で今シーズンのカレイ釣りは最後だと心に決めてたし、チカは秋になればまた釣れるだろ!と説得して移動させて頂くことになりました・・・。


・・・で、次に向かった場所ですが・・・『どこに行こうか?』なんてさも選択肢がいくつかあるように言いながらも案外釣り場を知らない僕ですので馬鹿の一つ覚えのように、先週カワガレイ祭りで泣いた『コムケ湖海岸』へ行って見ました。
妻もわかっていたのね・・・『釣れない所・・・』って・・・(爆
14:00頃到着しまして、まずは腹ごしらえを・・・。
DSCN3849a.jpg
今回は『カップ麺でいいよぉ~!』って言ったのにちゃんとお弁当を作っておいてくれました。(泣
美味しいよ~~~~~っ!
・・・で、食べ終わって腹が膨れると動くのが面倒になり・・・波打ち際まで釣り道具を持って歩くのが面倒くさくなったので、駐車位置から行きやすい導流堤先端で釣る事にしました。
DSCN3850a.jpg
この導流堤先端から仕掛けを投げると言う事は汽水湖であるコムケ湖の湖水と海水が混じった、河口ともまた違う普通じゃない環境に投げると言う事であり・・・それが吉と出るか凶と出るかはさっぱりわかりませんで・・・。
でも過去にはクロガシラの大物を何匹も釣り上げた事もありましたしコマイやマガレイ、アサバガレイも・・・昨年はカラフトマスらしき魚のコムケ湖入場も目撃していますのでまぁまぁ良い釣り場なんじゃないかと・・・。

・・・で、残ったイソメを1針2,3匹くらいに房掛けしまして決死の覚悟で投げ入れますが・・・。
僕と妻おのおのに竿2本・・・合計4本の竿のどれもこれもまったく動きません・・・。
なんか妻は『釣れないねぇ~・・・』とニコニコはしてますが、目が怒ってる感じがよくわかります・・・『ホラっ!見たことかっ!あのまま紋別港でチカ釣ってりゃ良かったのにヨっ!』と・・・。
僕も『ヤバいなぁ~・・・』と思ったので、ボウズ逃れのためにブラーを出しましてテトラや足元を探りまして・・・。
『釣れた釣れたぁ~~~っ!』
DSCN3852a.jpg
・・・って、チビハゴトコ(アブラコ?アイナメ?)ですけど・・・。
『あんたはそんなもんが釣りたかったのかいっ!』と突っ込まれそうだったので2匹釣ったところでやめましたが・・・

・・・と、結局16:30頃まで必至に投げて、必至に誘って、必至に釣っていた訳ですがただ1度のアタリもありませんで・・・
妻から『仕方ない・・・ハマボウフウでも採って帰るか・・・あっ!今日はアンタも採りなよっ!』との命を受け17:30頃まで砂浜を這いつくばってハマボウフウを採って妻の機嫌取りをしました。


オホーツクの春ニシンの時期が遅れて6月中旬に釣れた事によってカレイも釣れないのではなくただ単に遅れているだけ・・・と考えてのオホーツクカレイ釣りだったのですが、ちょっと違いましたね・・・。
遅れてるのではなく多分いないのでは?・・・と思える今回の釣行でした。

ちょっとマジに釣り場の新規開拓が必要だなぁ~・・・。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

ニシンのフルキャストサビキ釣り@紋別港

先日の定休日ですが・・・またもやオホーツクへ釣りに行ってしまいました。
前夜まで、僕の大好きなホーム海岸でもある『コムケ湖海岸』へ行こうかと思っていたのですが、出発前になって大手釣具店『フィッシュランド』の釣り情報を見ると・・・。
紋別港にて今期遅めのニシンの襲来がいまだに続いているようで・・・なんと~~!3けたもアリってかっ!??35cmオーバーのニシンもいるとかいないとか・・・?
まぁ・・・とは言っても僕はあんまりサビキ釣りは好きじゃなくなったので興味ありませんが、今期妻に新調したサビキ竿がいまだに1匹も釣れておらず入魂儀式が済んでおりませんので、妻のためにもと思って泣く泣く紋別港へ行ってきました。

・・・で、いつものように満員御礼の日曜営業を終えた夜23:30に旭川を出発しまして、紋別港に1:30到着・・・3:00まで車中仮眠をとりまして薄ら明るくなったところで準備開始です。
紋別港と言ってもこちらの港は物凄く広いので・・・ニシン釣り会場となっていたのはこちらっ!
紋別港
紋別港第3埠頭の通称『石炭置き場』(石炭あったかなぁ・・・?)
外国船が入ると閉鎖となるフェンスの張られたエリアですが、滅多に閉鎖にはならず、この日も開いていましたが運が悪いと立ち入り禁止となります。

3:00ちょい過ぎには並んで止まっていた車から仮眠中と思しき釣り人たちも降りてきて続々と準備を始めます。
DSCN3795a.jpg
僕らも老眼鳥目に苦労しながらも薄暗い中頑張って準備していたのですが・・・
周りの釣り人たちをよぉ~く観察していますと・・・
なんか普通に長めの投げ竿にニシン用サビキ仕掛け+20号くらいの錘を装着してますが・・・。

この春、サロマ湖の栄浦漁港で経験したニシンのチョイ投げサビキ釣りの時には20m程も飛ばせば良かったので10号~15号くらいの錘を使ったはずなのですが・・・20号~25号って・・・どんだけ飛ばす気なのよぉ~!・・・と・・・。
まぁ・・・一応右に習えって事で、僕らもサビキ竿はやめて3.9mの普通の投げ竿を使うことにしました。

3:30にはどの釣り人も実釣開始してましたが、みんな口々に『多分もう終わってるよなぁ~・・・』と、開始間もないのに嘆き節ですが・・・。
その理由をお隣さんに尋ねましたら、3日前までは釣れてたけれど昨日、一昨日と全く釣れなかったとの事・・・たしかにフィッシュランドの釣り情報も金曜日更新ですのでギリギリ釣れてた時に更新されたのではなかろうかと・・・。
まぁ・・・始めたばかりですので前向きな気持ちで僕らも始めました。

・・・にしても・・・周りの釣り人たち・・・どんだけ投げるのよっ!!って言うくらいのフルキャストっ!ここのニシンは沖目にいるらしいとの事で皆100mは飛ばしてましたね・・・。
ニシンのサビキ仕掛けは針が6~10号くらいなので幹糸も細くても2号はあるのでフルキャストに耐えうるはずですが、それをジギングのようにシャクッては巻きシャクっては巻きを繰り返してニシンにアピールするのが非常に腕力を要します。
妻も下手なりにフルキャストっ!
F1010010a.jpg
元々真っ直ぐには飛ばせるので釣り場が混んでいてもお隣さんに迷惑をかけないので安心ですが・・・さすがに100m飛ばすのはキツイっ!
それでも何十回となく投げているうちにだんだん100mくらいは飛ばせるようになってきました。

釣り初めから1時間ほど経った頃でしょうか・・・やっぱりなかなか釣れない訳ですが・・・
隣にいた釣り人が『あぁ~ぁ・・・船でも通ってくれないかなぁ~・・・』とか嘆いていましたので、どー言う事か聞きますと・・・。
船が通ればその波が海底を荒らしてベイトを浮遊させる→すると魚達がそのベイトに群がる→爆釣っ!・・・ってな図式を描いているらしいのですが、ホンマかいなっ!よくある釣り師のホラ伝説なんじゃないのぉ?
なんて思っていた時に、まさしく漁船が1隻出港していきましたよ。するとあちらこちらから『おぉ~~~っ!行った行ったっ!』と歓喜の声が上がり、埠頭はにわかに活気付いてきたじゃありませんか・・・。
そして船が通過して1分も経たないうちに、あっちでもこっちでもニシンの入れグイが始まりました。
情報どおりの大型ニシンで、重量級がいっぺんに4匹5匹と釣れる様は圧巻です。船と爆釣の関係は本当だったのですね。

で、僕らはと言うと・・・
F1010001a.jpg
僕らは今までニシン用のサビキ仕掛けを買った事が無く、使っていたのは義父が大昔(30年以上前)に買って使わずにいた古い仕掛けをもったいないからと言って使っていまして・・・。
昔のニシンと今のニシンで好みが違うのか?・・・周りの人の様には大漁ではありませんで・・・2人で10匹くらい・・・来期は新しい仕掛けを買って挑まねば・・・。
準備不足をちょうっと後悔しましたね・・・周りが釣れているのに自分達だけがポツンと釣れないでいるというのは本当に恥ずかしかったです・・・。


9:00を少々周りまして・・・船の往来も無くなりニシンもさっぱり釣れなくなった頃、僕の本来の目的である『コムケ湖海岸でフルキャストカレイ釣り』をするべく移動をしました。
15分ほど車を走らせまして、到着後早速準備を始めますが・・・
F1010007a.jpg
妻は本当にカレイ釣りが好きじゃないのか、釣りの準備はせずにハマボウフウ採りをしはじめました。(爆
なので別行動となりまして海岸へは僕一人で降りて行きまして早速投げ竿2本を出しまして釣り始めましたが・・・。
ところがですね・・・(泣
F1010004a.jpg
最近カレイを並べた画像を撮っていなかったので、久しぶりに並べて撮りましたが・・・
釣れども釣れどもカワガレイなのよねぇ~~・・・でっかくてもカワっ!小ちゃくてもカワっ!ダブルでもカワっ!カワッ!カワっ!カワっ!!!100%カワっ!
カワガレイオンパレードっ!
浮遊海草も一緒に釣れてきて竿が折れるかと思う程の引き具合は抜群ですが、こ~もカワガレイばっかりじゃぁ~・・・(泣
2時間ほどもしますと飽きてしまいました・・・。ここ、コムケ湖海岸もそろそろ卒業時かなぁ~~・・・と・・・。

景色だけは最高ですので、ここでお昼弁当を食べまして、次はどこへ行こうかな?・・・と思案していますと、妻が『夕方になったらまた紋別港にニシンが来るんじゃない?』と申しまして・・・。
『お前って本当にサビキが好きだなっ!』と呆れ果てましたが、投げの練習にもなるし、やっぱりニシン>カワガレイなので再び紋別港へ行ってみました。


本日2度目の紋別港第3埠頭石炭置き場ですが・・・昼過ぎでさすがにニシンも完全にいなくなった様で釣り人もパラパラ・・・それでも根性釣り師と夜待ち釣り師が多少はいました。
F1010002a.jpg
早速始めましたが・・・16時頃までに釣れたのは・・・キュウリウオ2匹のみ・・・(泣

ところがです・・・17:00頃になってアレがやってきました!」そうっ!船です。しかも生コンを積んだ大型船っ!しかもしかもその後ろにも小型の漁船もっ!!
朝に続き再び釣り場が活気付きまして・・・夜に向けて車中仮眠を取っていた釣り師も、竿を出さずにおしゃべりしていた釣り師も皆一斉に竿を振り出しまして・・・。
やっぱり釣れるわ釣れるわっ!!粘っていた釣り師の皆さん、おめでとうございますっ!!直前に『だめだ!こりゃ!』と帰った釣り師のみなさんご愁傷様です。(爆
僕らはと言うと・・・
やっぱりこの古い仕掛けじゃダメでした・・・皆が釣れている中ただただ空投げするだけで恥ずかしい思いをしました。
紋別港の港内にも釣具店はあるのでそこで買ってくりゃいいじゃないか!・・・と思われるかもしれませんが、実はこの船が通った後の爆釣は15分程度しかないんです・・・。
なので、チンタラやってて出遅れるとあっという間に元の釣れない海に戻ってしまいますので、仮に仕掛けを買いに行っても戻って来た時には時既に遅し!という事になっていますので再度準備の大切さを痛感した次第です・・・。


結局大漁のカワガレイと少々のニシンを釣果に帰宅しましたが・・・妻はこのフルキャストサビキ釣りがよほど楽しかったらしく、次回釣具店に行った時には絶対釣れるニシン用サビキ仕掛けを買うとはりきっていました。
せっかく作った塩イソメもあんまり使わず残ってしまったので、近いうちにもう一回オホーツクに行ってみようと思っています。
お楽しみにっ!!
プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR