スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日の山行・・・

本日の定休日ですが・・・『またもや行ってきましたよ。釣りにっ!』と言いたい所ですが・・・。
残念ながら山行です・・・当ブログにおいて山行と言うのは、我が家の所有林の林道整備の事で、主に林道の草刈の事を言います。
この時期毎週でも釣りに行きたいのはやまやまなのですが・・・林道の方もこの時期に1回は草刈をしておかないと秋のきのこ狩りシーズンにとんでもない事になります。

所有林の林道ですが・・・今からおよそ12年ほど前に約100万円ほどの費用をかけて通した林道でして・・・植林されている木材の伐採搬出や山菜採りのために巨費を(爆)投入して通した林道です。
いやはや自然の力ってのは恐ろしいと言うか・・・草刈をせずに放っておくとあっという間にジャングル化してしまい、どこが林道なのかわからなくなってしまうほどでして・・・。
なので年に2~3回は草刈に行かなくてはならない訳です・・・。


・・・で・・・残念ながら朝から雨降りでして・・・
それでも来週はゴルフだし、その次はやっぱり釣りに行きたいし・・・なので、雨が降っていても中止はありませんテ・・・(泣
9:00頃に妻、義父と3人で出発しまして一路、所有林へ向かうのかと思いきや・・・
『ちょっと寄り道してくれ!』とな・・・。道中にあるワラビの採れる所に寄って行きたいのだとか・・・。
『はいはい・・・』
小一時間ほどワラビ採取しまして・・・。
DSCN3784a.jpg
3人共にカゴいっぱいに採取しました。まぁご近所さんへのおすそ分けもありますんでね。


その後所有林へ到着です・・・。
で・・・やっぱり・・・
DSCN3785a.jpg
雑草って凄いなぁ~・・・。
我が家の所有林は麓は雑木エリアですが、登って行くとカラマツエリアになりまして・・・カラマツエリアの雑草はそれほどでもありませんが、この雑木エリアの雑草のはびこりようは物凄いです。

僕が刈り払い機を担いで、妻と義父は鎌で刈っていきます。
DSCN3786a.jpg
本当は砂利を敷いてあるのですが、結構綺麗に刈っても砂利は見えませんね・・・。
林道は約800mほどあるので本当に大変な作業です。しかもこの日は雨のち晴れでムンムンムレムレ状態に・・・(泣


毎度の事ですが・・・途中から妻と義父は草刈作業を放り出してワラビ採りに夢中になってしまい・・・
DSCN3791a.jpg
半分以上を単独作業するハメに・・・。
しばらく草刈りはやりたくないので、一人でも頑張ってヤリ終えましたっ!


なかなかの荒行でした・・・。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

なかなかキビシイ釣行@沙留漁港(興部町)

6月9日(月)

本日の定休日・・・もちろん行ってきました。投げ釣りへ・・・(汗
オホーツクに行く前にいつも思う事なのですが・・・なんかオホーツク海を根城とした釣り師さんたちのブログって少なくないですか~~?
海の無い僕の住む街“旭川”からのオホーツク釣行、しかも定休日のみのActionは潮位や海水温なんて気にしてちゃいつになったら行けるかわからないようなもんですので・・・。
穴場を教えろ!とは言わないけれど、せめて今 釣れてるのか釣れてないのかくらいは情報として知っておきたいところなのですが・・・。
その点 留萌市周辺の日本海は沢山の釣り師さんらが情報を載せてくれているので助かりますが、何故か僕は日本海は相性が悪いのよねぇ~・・・。


・・・と言う事で・・・大型釣具店のフィッシュランド情報によると初春のカレイ釣りのメッカであるサロマ湖の栄浦がいまだにカレイが大漁との情報がありましたが・・・ただでさえオホーツクは遠いのにサロマ湖までなんてそーそー何回も行ってられませんテ・・・。
なので紋別市界隈では常にマズマズの釣果とチョイ投げで釣れる簡単さで定評のある興部町は沙留漁港へ行ってきました。

いつもどおり日曜の満員御礼営業を終えまして深夜1:00に寝ずの出発です。
現地には3:00に到着しまして早速準備に取り掛かり3:30には実釣開始ですが・・・。
DSCN3770a.jpg
本日は釣り人が少ないのよねぇ~~・・・簡単に赤灯台先端付近の釣り座を確保できちゃいましたが・・・釣り人がいないって事はやっぱり釣れないの?不安・・・。
しかも寒いっ!最高気温も17度前後の予報っ!雨はまだ降ってませんが防寒のためにカッパ着用です。

まぁそんな不安とはうらはらに小型ですがスタートからまぁまぁのテンポで釣れてくれます。
DSCN3771a.jpg
小さいけれど一応今年初のマガレイっ!妻に先を越されました・・・(泣

更に・・・
DSCN3772a.jpg
本日最大のマガレイっ!小物釣りサビキマニアの妻も大喜びっ!興奮して帽子もぶっ飛びまして得意満面っ!なのでいつもどおりモザイクきつくしてやります。(爆
でもまぁ・・・大きいったて30cmはいってませんで・・・これまたいつもどおり大きく見える撮影技法でカモフラージュ・・・(爆

開始1時間せずにこんだけだけど・・・
DSCN3773a.jpg
サイズと魚種に不満足・・・。カワガレイが3枚も入っているじゃないかっ!!!

その後僕はブラーもやってみまして・・・
DSCN3774a.jpg
小さいけれど・・・まぁまぁ今日はこれでかんべんしてヤルかっ!



8:00を過ぎた頃・・・僕らはまだかすかに釣れてますが、他の方達は釣れなくなったようで・・・
DSCN3776a.jpg
誰ぁ~れもいなくなってしまいました。僕らがなんとか釣れてるのは先日ご紹介した片栗粉塩イソメのおかげでしょうか?・・・(汗

でもまぁ・・・なんとか釣れてるたって、ボーっとしてる時間も増えてきましたので・・・
そこで妻はやっぱりアレをっ!
DSCN3775a.jpg
サ・ビ・キ~~~♪ またヤルんかいっ!
なにやら鮭稚魚らしき小魚が泳いでいるらしく、それを追うチカらしき姿も目撃したとかで慌てて準備しましたが・・・
やっぱり釣れませんね・・・。


10:00をまわるともう完全に釣れなくなってしまいました・・・一昨年は投げで釣れなくなったらブラーで誘うと釣れたのですが、本日はそれもダメです。
たまに釣れるのは極小カレイかウグイ、ヒトデですので12:00頃までなんとか粘りまして・・・
DSCN3777a.jpg
恒例の昼食タイムをとった後に雨も降って来た事だし帰宅しました。


帰りにハマボウフウを採って帰りたかったけれど・・・雨が落ちてきたのでやめました・・・。ハマボウフウは砂地に生えているので雨が降るとハマボウフウにも砂がくっついてしまって、その処理が大変なんです・・・。
DSCN3778a.jpg
最近サボってましたが久しぶりに・・・帰宅時睡眠です。(爆

釣行前のイソメ供養・・・

6月8日(日)

先週の定休日の完全ボウズで今週はモヤモヤした1週間を過ごしましたが・・・。
なのでリベンジへっ!と意気込んでいる訳ですが・・・この1週間の異常気象的な暑さで妻は『また行くのかい~ぃ・・・』と、いささか面倒くさそうでしたが、多少気温が落ち着いてきますとやっぱり『行きましょうっ!』ってな事になりまして・・・。


・・・で、釣行前にやっておくべき事をやっておかねばと、先日より準備に入っておりました。

それは塩イソメ作りですが・・・。

今までだと僕らは大抵の場合イソメは生きたイソメをホーマックなんかで買って持って行ってましたが・・・。
春よりの増税と便乗値上げでホーマックイソメもなんと~~~~っ!の700円オーバーにっ!
近所のスーパーでカレイ2匹298円なんちゅ~のを見るともう、いかにイソメが高いかが身に染みるようになってしまいました・・・。
遊びのための投資と考えればイソメがいくらだろうが気にする事もないのですが・・・。

僕はあのイソメを見るたびにとある妄想が頭をよぎりますので・・・。
その妄想とは・・・。


イソメっていったい何のためにこんな姿で生まれてきたのだろう?・・・。
ウネウネ、ヌルヌルポ、ムカデのような無数の足に菊門(肛門)のような口・・・手で持つとその口からエイリアンの様な凶悪極まりない隠し牙が出てきて指に噛み付きやがる・・・。
どーせ針に刺されて魚の餌になるのに、針に刺す時は無駄な抵抗もたいがいにしろヤっ!って程に大暴れ・・・。
半分にチョン切ってやると、いっちょまえに人間様のごとく真っ赤な鮮血を流しやがって、ついでにゾンビのような緑色の体液まで出しやがる・・・。

『こいつはいったい何者なんだぁ~?』とな・・・。

で、釣れない時間にこのイソメがいったい何者なのかボーーっと考えたりして・・・
たどりついた考えが・・・。
『こいつはイソメとして生まれる前は、過去に人間で・・・前世で人間として生きてた時に相当な悪を尽くした犯罪者の生まれ変わりの成れの果てなのではなかろうか?』と・・・。
きっとそーに違いない・・・。そー考えると自分もこの先真面目に生きていかないとイソメになるかも・・・と思ったりして身の引き締まる思いにかられる・・・。


・・・と言う事で、その悪人の生まれ変わりのくせに高価なイソメを 釣れなかったからと言って残して捨ててきちゃぁせっかくイソメに生まれ変わって苦痛の反省をしなくてはならない元犯罪者に楽をさせる事になりますので、事前に塩イソメとして締め上げて、針の苦痛を味わう前に塩地獄を味わってもらう事にしまして、ついでに釣り経費の節約にさせてもらうことにしました。


まずは買ってきたイソメをしばしクーラーの中で氷で冷やして仮死状態にします。
理由は神様が元犯罪者であるイソメに与えた唯一のお慈悲・・・『自殺装置』が働かないようにするためです。
釣具店から常温状態で持って来たイソメはその暖かさで元気を取り戻しており、そのまま塩をかけるとあまりの苦しさのためにその苦痛から逃れようと自らの体を切断して自殺しようとします。
自殺するのは勝手ですが、あまり細かく切断されると釣りエサとしての能力も下がりますので、、低体温症の仮死状態になってもらって意識がもうろうとしているうちの自殺装置を働かせる前に塩地獄で死んでもらおうという作戦です。

・・・で、仮死状態のイソメを新聞紙の上に出しまして、たぁ~っぷりの塩を投下しますと、そりゃもう地獄絵図のような悶えっぷりで昇天する訳です。
DSCN3761.jpg

これでも生まれ変わる前は一応人間でしたので、心は込めませんが手を合わせてみました。

30分ほど放置しますと、ジワ~っと水分が出てきますので・・・
DSCN3762.jpg

元犯罪者の後悔の涙でしょうか・・・(爆
新しい新聞にイソメだけを移し変えて再度塩をたっぷりかけます。

その新聞を・・・
DSCN3763.jpg
くるくると巻いて両端を輪ゴムなどで縛りましてビニル袋などに入れて涼しい所に吊るしておきます。
僕は12時間経ったら一度上下をひっくり返してもう12時間ほど吊るしてます。

まる一日経ったら新聞紙を広げてイソメを取り出します。
DSCN3764.jpg
まだソフトさが残った状態です。

普通はこれにて終了って人もおられるかもしれませんが・・・僕はネットや人から聞いた次の過程を実行してます。

この塩イソメにとある粉をかけます。
DSCN3766.jpg
これ・・・実は片栗粉(でんぷん粉)なんです。話によるとどーやらまだ若干水分の残った塩イソメに片栗粉をかけることによって保水効果が期待できるらしく、いつまでもカチカチに固まらない、かつ冷凍保存のできるイソメが出来上がるとの事です。
1回目の片栗粉塗布ではイソメに付着している余分な塩も取り払う意味もありますので、片栗粉をかけた後新聞紙を軽くゆすってイソメを踊らせます。

塩が混じってしまった片栗粉は捨てまして再度新しい片栗粉をかけて・・・。
DSCN3769.jpg
適当な容器に入れて出来上がり~~っ!

これでホーマック塩イソメのように指が痛くなるほどのカチカチイソメとはおさらばです。柔らかい上に仕掛け着水時の衝撃にも強く、余れば持って帰ってきて冷凍保存できます。
まぁ・・・冷凍保存も1ヶ月が限度のように思えますが・・・。あまりの長期保存になるとさすがに解凍後にトロけてしまいます。

この元犯罪者イソメ達・・・釣りのエサとなり、少しは人間様のレジャーの役になったご褒美に次は何に生まれ変わる事ができますでしょうか?
せめて釣られる側のQ様くらいには出世して欲しいものです。


皆さんもイソメの死にっぷりを見て人生の戒めとお考えください。(爆

毎年恒例の親孝行

本日の定休日ですが・・・天気も良く暖かく・・・なのにっ!・・・東京から弟が帰省しておりまして・・・するとっ!母が『どっか連れてケぇ~!』と、なる訳です・・・。 昨年は幌加内町にパークゴルフ、一昨年は美瑛にパークゴルフ、その前は東藻琴に芝桜見物・・・その前は・・・ウぅ~~~ん・・・どこだっけ・・・。 もうどこかに連れてケったってアイデアが浮かびませんので・・・。 ここは僕らの得意ジャンルである釣りにでもいかが?・・・とな。 母は昔、よく釣りに行っていたのでOKでしょうけど、弟は『別に釣りなんて興味がない・・・』と以前言っていたので、ここはひとつちょっと言い方を変えまして・・・。 『オホーツクの海を見に行きがてら、ちょっとハマボウフウを採取して、紋別で美味しい物を食べて・・・時間が余ったらチカ釣りでも・・・』とな・・・。 ・・・と言う事で、素人2人を連れて行きますので夜中に出発する訳にもいかず普通に8時頃の出発となりまして・・・。 まずはハマボウフウを採るべく、オホーツクは湧別町と紋別市の間くらいにある『コムケ湖』へ向かいました。 ダウンロード (1)
これがハマボウフウです。天ぷらや酢の物にすると凄く美味しい浜辺の山菜(笑)です。僕はこれが大好きで食べ始めるとかっぱえびせんの様に止まらなくなってしまいます。
F1010006.jpg
本日はカメラを忘れまして、携帯での撮影です。 弟と母にはサンプルと採り方を教えて頑張って探してもらいました。 途中僕だけでもこっそり投げ釣りをしようかな~~とか思ったりもしましたが、それじゃぁ本日の目的もバレバレになってしまいますので我慢しました。 2時間ほど採取しまして、我が家が食べる分と母が食べる分、ご近所におすそ分けの分を確保しまして2ndミッションである『紋別市で美味しい物を食べる』アクションに移行しました。 行った場所は紋別港の第2埠頭のエリアにある『マルカイチ水産』の炉端食堂です。新鮮な魚介を炉端焼きで食べられるお店です。
F1010004.jpg
・・・が、本日は単品メニューで済ませました。せっかく来たのですから炉端焼きでもすれば良いのですが・・・なにせすぐそこに海があるもんですから、早く釣りをしたくてしょうがありませんでしたので・・・。 食べ終わりましたら早速ですが第2埠頭、第3埠頭と状況を見て周りまして、釣り人の数の多かった第3埠頭で釣る事にしました。
僕は投げ竿1本と毎度ルアー竿でのブラー釣り1本って事で始めましたが・・・。 結果・・・完璧なるボウズ・・・ 周りを見渡しても誰ぁ~れも釣れていません・・・唯一、隣の人がタコを釣り上げていました・・・。 シャケ稚魚のような小魚ベイトは沢山泳いでいるのですが、それを捕食する魚が居る気配すらありませんでした・・・。 ・・・と言う事で親孝行は親孝行として、釣りは釣りとして集中して行動しないとダメですね・・・。
F1010003.jpg
妻、母、弟はサビキでチカを釣ってもらう事にして・・・。
F1010002.jpg
僕は投げ竿1本と毎度ルアー竿でのブラー釣り1本って事で始めましたが・・・。 結果・・・完璧なるボウズ・・・ 周りを見渡しても誰ぁ~れも釣れていません・・・唯一、隣の人がタコを釣り上げていました・・・。 シャケ稚魚のような小魚ベイトは沢山泳いでいるのですが、それを捕食する魚が居る気配すらありませんでした・・・。 ・・・と言う事で親孝行は親孝行として、釣りは釣りとして集中して行動しないとダメですね・・・。
プロフィール

店長

Author:店長
北海道旭川市にある理容室
『Hairkids&Familia』
(ヘアーキッズ&ファミリア)
よりアウトドアを中心に日常を紹介します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃ~い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。